年代別の肌変化|乾燥が気になる40代の肌に効果的な基礎化粧品

悩みが増える年代のケア

コスメを持つ人

40代は、これまで時短ケアだけでスキンケアに邁進してきた内容を見直すタイミングとして相応しい年代で、オールマイティーに利用可能なオールインワン化粧品ではなく、ステップごとにしっかりした役割を持つ基礎化粧品の導入が必要です。

Read More

お肌のトラブルが多い年代

顔に触れる女の人

基礎化粧品は年代別に合わせて選ぶ必要がありますが、40代の女性にとって重要なのはエイジングケアです。中でも抗酸化作用を保つ成分は、高い美容効果を得ることが出来ます。40代になると女性ホルモンの減少により、乾燥肌になりやすくなってしまいます。そのため、エイジングケア用の保湿化粧品を選ぶことが大切です。

Read More

差が出る年代のケアはこれ

コスメを持つ女性

40代の基礎化粧品を選ぶ時には、エイジングケアを意識して、セラミドなどの保湿成分とコラーゲン合成を活性化するビタミンC誘導体などが配合されているものを選びましょう。また、その使い方にも注意をする必要があります。お肌に刺激を与えるような使い方はやめて、正しい使い方をする必要があります。

Read More

年代別の肌変化

笑顔の女性

細胞間脂質に関わる成分

40代の年代の肌悩みには、乾燥による小ジワが挙げられており、ケアが不十分であると同時に深いシワへ発展してしまうため、いち早く手を打つためにも基礎化粧品を用いるケアが重要となります。40代の肌悩みで注目するべき成分は、肌の潤いを守る細胞間脂質に関与する成分で、年齢とともに減少する細胞間脂質の生成を促すメバロノラクトンやセラミド3などを配合している基礎化粧品選びがポイントです。深刻な肌枯れを徹底的にケアし、乾燥による小ジワの目立たない肌を意識したい場合、天然保湿因子機能をサポートできる水溶性の保湿成分がプラスされた基礎化粧品選びが大切となります。また、乾燥しやすい冬疲れによってもエイジングが加速しやすいため、冬の時期にこそリンクルケアは必要となります。

高保湿によるリンクルケア

40代からの基礎化粧品選びでは、リンクルケアを重要視した選び方や導入が必要です。年齢による乾燥をはじめ仕事や家事、育児などの生活環境などによってストレスを蓄積しやすく、こうした変化が肌にダイレクトに働き潤い不足に陥ります。高保湿となる基礎化粧品によって、潤いとみずみずしさを取り戻すことができ、さらにハリをサポートする成分や表情によって刻まれるラインに働きかけてくれる美容成分がペンタペプチドで、ふっくらした弾力が欲しい40代ならではの肌悩みを解消できる成分選びは重要です。また、化粧水や乳液などはそれぞれテクスチャーに違いがあり、高保湿で展開される化粧水の多くはとろみがあり、パワフルな浸透性と水分保持力があるため肌枯れを潤すテクニックとしてブースター的利用もポイントと言えます。