年代別の肌変化|乾燥が気になる40代の肌に効果的な基礎化粧品

差が出る年代のケアはこれ

コスメを持つ女性

必要成分をしっかり補う

女性ホルモンが減少し始め、しみやしわが気になって来るなど、40代は女性にとって1つの分岐点とも言える年代です。この時期にお肌のケアを間違ってしまうと、後になって大きな差になって現れると思っていいでしょう。40代のエイジングケアで基本となるのは、やはりその年代にふさわしい基礎化粧品を選び、正しく使うことです。20代、30代の頃は何を使っても美しさを保っていた肌も、40代ともなると使用する基礎化粧品によって大きな差が出てしまいます。そんな40代の基礎化粧品を選ぶ時に最も注意したいことは、1つはセラミドなどの保湿成分であり、あと1つはコラーゲンの合成を活性化するビタミンC及びビタミンC誘導体が配合されていることです。やはり、40代の肌は保湿も大切ですが、保湿だけでは衰えを防ぐのは中々難しいものがあります。基礎化粧品を買う時には、必ずこの2つの成分を確認しましょう。本気のエイジングケアを始めるべき40代、基礎化粧品はぜひともエイジングケアを意識して選びましょう。

お肌と相談して使おう

エイジングケアを意識した基礎化粧品選びをしたい40代ですが、もう1つ注意したい点があります。それは、正しい基礎化粧品の使い方です。いくら優れた基礎化粧品を使っていても、その使い方が間違っていては、お肌にとって効果がないばかりか、返って悪影響を与えないとも限りません。例えば、化粧水や乳液をつける時、コットンに含ませた後、ピタピタと強く何度もお肌に叩きこんでいないでしょうか。過剰な刺激は、返ってお肌を傷つける原因になります。また、お顔を洗う時に、長時間ゴシゴシと洗顔するのも止めましょう。基礎化粧品を使用する時には、あくまで優しく、丁寧に使用するのが基本です。40代は身体が変化していくデリケートな時期です。また、お肌はその日によってもコンディションが変わってきます。自分のお肌とよく相談しながら、基礎化粧品を使っていきましょう。きっと、10年後のお肌がそれに応えてくれるはずです。